[Dreamweaver] テンプレート機能を使う!初級〜中級編

公開日: : 最終更新日:2014/08/20 Dreamweaver, Web制作

まだまだある便利機能!

既に、上級編まで紹介してしまってますが、抜けていたので、すこし簡単です。

まだ読んでない人は下記の記事もどうぞ

任意の場所にidやclassを付ける

テンプレートを使用していて、どうしても他と違うCSSを設定したい時などにidを付けたり、classを付けたりしたい時ってありますよね。
そんなときに使う方法が今回紹介する方法です。

まずは、テンプレートファイルの<head>内にというよりは、</head>の直前の方がミスがなくていいです。

<!-- TemplateParam name="id" type="text" value="" -->

このタグを記入します。

name=”id”というところにvalueが入るんですが、それを入れるためのテンプレートタグをhtmlに記入します。

<body id="@@(id)@@">

こうです。この「@@()@@」がテンプレートタグになります。
そして、<head>の方に書いたnameが()内のidということです。

これで準備は完成です。
後は、テンプレートを適用したファイルを開き、上部メニュー > 修正 > テンプレートプロパティを選択しましょう。

img_20140808_01

このウィンドウが表示されますので、idとなっているところに、付けたいidを入れるだけです。

img_20140808_02

このようにidの部分にvalueの値であるaboutが入っています。

※Dreamweaverでは、テンプレートの編集不可領域は全てグレーの文字で表示されるため、<body>がグレーになっています。

上記と同じ様に、classも付ける事ができます。
方法は全く同じなので、応用してみましょう。

テンプレートタグを外して書き出す

たまに、テンプレートタグを入れたままだと困りますって言われたりします。
そういう場合、テンプレート機能を使う事をあきらめるんじゃなく、存分に使った上で最終的にテンプレートタグを除いてしまえばいいんです。

方法は、上部メニュー > 修正 > テンプレート > マークアップを省略して書き出し を選択し、書き出すフォルダを指定するだけです。
そして、書き出されたファイルを納品すればいいでしょう。

テンプレートを切り離す

余談ですが、どうしてもテンプレートが邪魔なときは、テンプレートを切り離す事ができます。

上部メニュー > 修正 > テンプレート > テンプレートから切り離す を選択すると、テンプレートタグが全てなくなります。
既に付けていたidなどはそのまま残ります。

まとめ

Dreamweaverを使っているなら必ずマスターしたいテンプレート機能。
もし、まだ使ってなかったり、使ってみようかなーと思っている人は、少しずつ使っていってみましょう。

どんどん便利さが理解出来、最終的にはテンプレート機能が使えない案件だと面倒だなーと思ったりします。
(実際は、あまり使えない案件はありません。)

今回紹介した他に、以前紹介したものも含めてもまだ全て紹介出来ていませんし、実際に僕自身が使いこなせていない機能もあります。
次回は、勉強も兼ねてそういった機能にも触れていってみたいです。

ad

関連記事

[jQuery] クリック時に波紋のような効果をつける

今回は、クリックした時に波紋のような効果をつけるjQueryプラグインの紹介です。 Ripple

記事を読む

[javascript] Google Maps javaScript API v3の使い方(応用編:Mapの色を変更する)

まだまだあるぞ!Google Maps javaScript API v3 さて、2回にわたって紹

記事を読む

[WordPress] 自作プラグインの設定など

プラグインを自作してみる WordPressでプラグインを作成する際の設定(フック)などをまとめて

記事を読む

[jQuery]背景画像にぼかしを入れるプラグイン

Blurrプラグインの紹介 BlurrはシンプルなjQueryのプラグインです。 そして、背景画

記事を読む

[Dreamweaver] 便利な検索&置換

Dreamweaverの検索&置換は、便利な機能が満載! サイトを制作する上で厄介になってくるのが

記事を読む

[html5] おさらいがてらWordPressのテーマを作るためにHTML5で一から作るよ![第2回]

忙しくて忘れてました。僕です。 さて、今回はもうちょっと見栄えもよくしたいなーなんて考

記事を読む

[jQuery] 背景画像を画面いっぱいにするプラグイン

背景に、画像をいっぱいに広げて表示したいときってありますよね。 ちょうど、そういう必要があったため

記事を読む

[Dreamweaver] テンプレート機能初級編!

まずはベースとなるHTMLを作成しましょう。 Dreamweaverのテンプレートを作るには、ベー

記事を読む

[WordPress] 管理画面にテーブル(WP_List_Table)を表示する

WP_List_Table 管理画面で標準テーブルを表示したい場合は、WP_List_Tableを

記事を読む

[jQuery] FlickerPlateを紹介します。

かっこいいプラグインで、フリックにも対応します。 Flickerplateは、シンプルでとても使い

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

[PHP] curl転送してみる(googleに)

curlでgoogle画像検索APIにアクセスしてみます。 cu

[PHP] PDOでMySQLの接続確認をする

PDO PHPでMySQLに接続する際には、mysql_connec

[PHP] ランダムな英数字を生成する

便利系メソッド 今回はPHPでランダムな英数字を作成してみます。

[Swift] プロパティリスト(plist)の値を取得

plistからデータを取得してみます。 こちらのエントリーも参考にし

[Swift] Asset Catalogについて

XCode5から追加されたAsset Catalog。 いままで標準

→もっと見る

  • 1978年の七夕生まれ。 25才でweb業界の門を叩き、28才でフリーランスに。 現在は、フリーランスでマークアップ中心に、wordpressのカスタマイズやデザインをしております。 また、iPhoneアプリの開発もしております。
PAGE TOP ↑