[CSS] リンク先やファイルタイプに合わせてアイコンを自動で付くようにする!

公開日: : CSS, Web制作 ,

柔軟に対応出来るCSS

リンク先やリンクしているファイルに合わせて、こういうファイルだよと一目でわかるようにアイコンを付ける事がよくあります。

一般的な方法としては、aタグにクラスをつけて表現する事が多いのではないでしょうか。
クラスを付ける場合、全てのリンクに適切なクラスが付いているかチェックしたり、クラスの付け忘れなども出てきます。

今回紹介する方法は、そんな心配がなくなり、いろいろなタイプに対応できますので、覚えておきましょう。

外部リンクの場合

よくある方法として、僕も実際に使っていたやり方だと下記のようになります。

<a href="https://www.google.co.jp" target="_blank" class="blank">リンク外部</a>
a.blank{
 background-image:url(../images/icon_window.png);
 background-position:right center;
 background-repeat:no-repeat;
 padding:0 20px 0 0;
}

aタグにクラスが付いてます。
この場合、全ての外部リンクにクラスを付ける必要が出てきます。
それは、とても面倒ですよね。

そういうときは、リンク先がどうなっているかCSSでチェックし、該当するものにだけスタイルを当てることができます。

<a href="https://www.google.co.jp" target="_blank">リンク外部</a>
a[href^="http"]{
 background-image:url(../images/icon_window.png);
 background-position:right center;
 background-repeat:no-repeat;
 padding:0 20px 0 0;
}

aタグのクラスがなくなりましたが、CSSが複雑になりました。
順番に見ていきましょう。
まず、aタグのhref属性をチェックしているのが最初の部分ですが、hrefの後に「^=」が付いています。
これは、^=をつけるとその後の””内から始まるという意味があります。
つまり、今回は、hrefがhttpから始まる場合、ということになります。

似たような方法で、下記のような事もできます。

a[target="_blank"]{
 background-image:url(../images/icon_window.png);
 background-position:right center;
 background-repeat:no-repeat;
 padding:0 20px 0 0;
}

これは、target属性が、今回は「=」なので_blankと一致した場合ということになります。
この場合、リンク先が外部であろうが内部であろうが、target=”_blank”が付いていると適用されます。

PDFやWORD、EXCELの場合

リンク先がPDFファイルだったりwordファイルだったりする時も、ファイルが何であるか示すためりアイコンを付ける事があります。
そういう時も、上記の外部リンク同様にファイルタイプに合わせたアイコンを付けることができます。

<p><a href="aaa.pdf">リンクPDF</a></p>
<p><a href="aaa.doc">リンクWORD</a></p>
<p><a href="aaa.xls">リンクEXCEL</a></p>
a[href$=".pdf"]{
 background-image:url(../images/icon_pdf.gif);
 background-position:right center;
 background-repeat:no-repeat;
 background-size:14px;
 padding:0 20px 0 0;
}
a[href$=".doc"]{
 background-image: url(../images/icon_doc.gif);
 background-position:right center;
 background-repeat:no-repeat;
 background-size:14px;
 padding:0 20px 0 0;
}
a[href$=".xls"]{
 background-image: url(../images/icon_xls.gif);
 background-position:right center;
 background-repeat:no-repeat;
 background-size:14px;
 padding:0 20px 0 0;
}

こうなります。三つともほとんど同じ事をしています。
では、見ていきましょう。
今回は、前回同様href属性をチェックしていますが、間にある記号が「^=」ではなく「$=」になっています。
この「$=」は、この文字列で終わるという意味になりますので、上から.pdfで終わるリンク、.docで終わるリンク、.xlsで終わるリンクを指しています。

まとめ

このように、CSSをちょっと工夫してあげるだけで、全体を通してスタイルを適用出来ます。
ヘッダーやフッターに外部リンクがあって、そこにはスタイルを適用したくない場合などは、#contents a[href^=”hhttp”]のように場所を限定してあげれば問題ありません。

この他にも、mailtoなども設定できますので、機会があれば取り入れていきましょう。

ad

関連記事

[Dreamweaver] テンプレートの入れ子

テンプレートは入れ子に出来る! Dreamweaverのテンプレートは、ベースを作り、さらにそのベ

記事を読む

[jQuery] 360°回転させたり、マウスでシーンを移動するプラグイン

rollerblade-js Rollerbladeを使えば、Webサイトに360°回転させてプロ

記事を読む

[WordPress] 管理画面にカラーピッカー(wp_color_picker)を表示する

カラーピッカー 管理画面でプラグインの設定などでカラーピッカーを表示したい場合、wp_color_

記事を読む

[WordPress] 自作プラグインの設定など

プラグインを自作してみる WordPressでプラグインを作成する際の設定(フック)などをまとめて

記事を読む

[CSS] 複数のbackground-imageの設定方法

マルチBackground-imageを使ってみる CSS3では、背景画像を指定する際に複数の画像

記事を読む

[CSS] メディアクエリ(Media Queries)を考える

Media Queriesとは Media Queriesとは、画面環境に応じてCSSの適用範囲を

記事を読む

[WordPress] 管理画面にテーブル(WP_List_Table)を表示する

WP_List_Table 管理画面で標準テーブルを表示したい場合は、WP_List_Tableを

記事を読む

[Dreamweaver] オプション領域を極める!テンプレート上級編

オプション領域は、難しい! これまで、数回に渡りDreamweaverでのテンプレートの使い方を紹

記事を読む

[jQuery]背景画像にぼかしを入れるプラグイン

Blurrプラグインの紹介 BlurrはシンプルなjQueryのプラグインです。 そして、背景画

記事を読む

[jQuery] Block Scrollプラグイン

今回は、ブロック毎にスクロールするjQueryプラグインのご紹介です。 Block Scroll

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

[PHP] curl転送してみる(googleに)

curlでgoogle画像検索APIにアクセスしてみます。 cu

[PHP] PDOでMySQLの接続確認をする

PDO PHPでMySQLに接続する際には、mysql_connec

[PHP] ランダムな英数字を生成する

便利系メソッド 今回はPHPでランダムな英数字を作成してみます。

[Swift] プロパティリスト(plist)の値を取得

plistからデータを取得してみます。 こちらのエントリーも参考にし

[Swift] Asset Catalogについて

XCode5から追加されたAsset Catalog。 いままで標準

→もっと見る

  • 1978年の七夕生まれ。 25才でweb業界の門を叩き、28才でフリーランスに。 現在は、フリーランスでマークアップ中心に、wordpressのカスタマイズやデザインをしております。 また、iPhoneアプリの開発もしております。
PAGE TOP ↑