[Swift] プロパティリスト(plist)を使ってCoreDataで一括登録する

公開日: : 最終更新日:2014/12/09 iPhone App 開発, Swift

プロパティリストを使う

初期データやあらかじめ用意したデータを一括登録したい場合、プロパティリストを使うと便利です。
プロジェクトの設定などは、info.plistとしておなじみですね。
構造としてはxml形式でKey、Type、Valueとして登録が可能です。
入力する際に各項目をCoreDataと適合させて登録します。

  • plistのファイル名 = CoreDataのエンティティ名
  • Key = エンティティのAttribute
  • Type = エンティティのType
  • Value = エンティティのデータ値

今回は以前の記事を雛形に、SampleEntityテーブルにflg項目を追加しました。
スクリーンショット 2014-11-25 15.59.32
このエンティティにこれから用意するplistから一括登録してみたいと思います。

SampleEntity.plist(プロパティリストの新規作成)

名前はSampleEntity.plist、これに以下のようにデータを入力します。
スクリーンショット 2014-11-26 16.09.13
RootをArrayにして、各項目をDictionaryに追加していきます。
KeyとTypeをエンティティに合わせること。
例では計3データになります。

SampleEntity.swift

そしてSampleEntityのNSManagedObjectは以下のように修正してください。

import Foundation
import CoreData

@objc(SampleEntity)
class SampleEntity: NSManagedObject {

    @NSManaged var id: NSNumber?
    @NSManaged var name: String?
    @NSManaged var flg: NSNumber?

}

@objc(SampleEntity)を書いておかないと警告が出てしまうので追加。

AppDelegate.swift

AppDelegate.swiftに以下の関数を追加してください。

func insertDataFromPlist(entityName: String, managedObjectContext: NSManagedObjectContext) -> NSError? {
    NSFetchedResultsController.deleteCacheWithName(nil)
    let managedObjectModel = managedObjectContext.persistentStoreCoordinator?.managedObjectModel
    let attrs = managedObjectModel?.entitiesByName[entityName]?.attributesByName
    let path = NSBundle.mainBundle().pathForResource(entityName, ofType: "plist")
    var keyedValues = NSArray(contentsOfFile: path!)!

    for keyedValueDict in keyedValues {
        let managedObject: AnyObject = NSEntityDescription.insertNewObjectForEntityForName(entityName,
            inManagedObjectContext:managedObjectContext)
        if let attributeArray = attrs as? [String: NSAttributeDescription] {
            for attributeKey in attributeArray.keys {
                let value: AnyObject? = keyedValueDict.objectForKey(attributeKey)
                if value == nil {
                    continue
                }
                let attributeType = attributeArray[attributeKey]?.attributeType
                if attributeType == NSAttributeType.StringAttributeType && value is NSNumber {
                    let value = value?.stringValue
                } else if ((attributeType == NSAttributeType.Integer16AttributeType)
                    || (attributeType == NSAttributeType.Integer32AttributeType)
                    || (attributeType == NSAttributeType.Integer64AttributeType)
                    || (attributeType == NSAttributeType.BooleanAttributeType)) && value is NSString
                {
                    let value = value as NSNumber
                }
                else if attributeType == NSAttributeType.FloatAttributeType && value is NSString
                {
                    let value = value as NSNumber
                }
                managedObject.setValue(value, forKey: attributeKey)
            }
        }
    }
    var error: NSError? = nil
    managedObjectContext.save(&error)
    return error?
}

まずNSFetchedResultsControllerのキャッシュをクリア。
managedObjectModelからエンティティの属性を取得し、plistから取得した値をタイプによって格納していきます。
8行目のfor文でplistのデータ数分繰り返します。
12行目のfor文で属性ごとにTypeを判断してNSManagedObjectに格納します。
36行目でデータを保存。

今回は起動時に登録するのでAppDelegateのdidFinishLaunchingWithOptionsに上記の関数を呼び出します。

func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
    let navigationController = self.window!.rootViewController as UINavigationController
    let controller = navigationController.topViewController as MasterViewController
    controller.managedObjectContext = self.managedObjectContext

    self.insertDataFromPlist("SampleEntity", managedObjectContext: self.managedObjectContext!)

    return true
}

MasterViewController.swift

データ表示のconfigureCellを以下のように修正。

func configureCell(cell: UITableViewCell, atIndexPath indexPath: NSIndexPath) {
    let object = self.fetchedResultsController.objectAtIndexPath(indexPath) as SampleEntity
    cell.textLabel?.text = "\(object.name!) (id:\(object.id!) flg:\(object.flg!))"
}

結果

iOS Simulator Screen Shot 2014.11.26 15.58.13

まとめ

データ量が少なければUserDefaultsを使うのも一つの考えですが、今回のようにデータ量が肥大する可能性がある場合はプロパティリストを使ったほうが便利だと思います。

ad

関連記事

[Objective-C] バージョン更新時に変更内容をアラートで出力する

アプリの更新内容を表示したい! バージョン更新時に変更内容を表示させたいのは、ユーザーがいちいちA

記事を読む

TabBarControllerとNavigationControllerのボタン追加

TabBarとNavigationを同時に使っているViewControllerの場合、naviga

記事を読む

[Swift] 画像を合成する

画像を合成 以下の2つの画像を合成してみます。円と四角です。 画像をプロジェクトに追

記事を読む

App開発をはじめてみました。

はじめてみたはいいものの、右も左もわからず、書籍を読みあさり、ネットを徘徊し、いろんなことを調べ上げ

記事を読む

[Swift] 定数クラスをつくってみる

Objective-cの場合 今回は共通にする定数をまとめるクラスを作ってみます。 まずはO

記事を読む

no image

OSSの使い方がわからない・・・。

チュートリアル系の、storyboradでview controllerを置いて画面遷移を設定してっ

記事を読む

Xcode5のstoryboard内でUIKeyCommandエラーの対処法

既存のプロジェクトからstoryboardにあるオブジェクトをコピペして、新規プロジェクトに貼付けた

記事を読む

[Swift] UINavigationControllerで戻るイベントを取得する

UINavigationController UINavigationControllerを使用し

記事を読む

[Objective-C] 小数点を丸める!(数値変換)

小数点を含む数値 Objective-Cに限らず、小数点を含む数値を計算する場合はdoubleやf

記事を読む

no image

小さなことからコツコツと

これまでHTMLとCSSだけで生きてきただけあって、プログラム言語がいまいちわからない。 Mo

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

[PHP] curl転送してみる(googleに)

curlでgoogle画像検索APIにアクセスしてみます。 cu

[PHP] PDOでMySQLの接続確認をする

PDO PHPでMySQLに接続する際には、mysql_connec

[PHP] ランダムな英数字を生成する

便利系メソッド 今回はPHPでランダムな英数字を作成してみます。

[Swift] プロパティリスト(plist)の値を取得

plistからデータを取得してみます。 こちらのエントリーも参考にし

[Swift] Asset Catalogについて

XCode5から追加されたAsset Catalog。 いままで標準

→もっと見る

  • 1978年の七夕生まれ。 25才でweb業界の門を叩き、28才でフリーランスに。 現在は、フリーランスでマークアップ中心に、wordpressのカスタマイズやデザインをしております。 また、iPhoneアプリの開発もしております。
PAGE TOP ↑