Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/juny/web/hidef/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/juny/web/hidef/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

[CSS]印刷用CSSの設定方法

公開日: : CSS, Web制作 , ,


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/juny/web/hidef/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

印刷用のCSSは、設定が簡単!

普通にサイトを作っていると、結構印刷用のCSSの設定もお願いされます。
見えているサイトをそのまま印刷する場合は不要なんですが、コンテンツ内容だけを印刷したいという要望が結構あるんです。

そんな時、どのように設定するのがよいでしょう?
一回一回印刷しますか?

今回は、その方法を紹介したいと思います。

印刷用のmedia=”print”を、一旦media=”all”に!

印刷用CSSの記述は全てのCSSの最後に記述されるものです。(経験上そうなってないのを見た事が無い)
ですから、表示非表示を決めるのも簡単で、とりあえずmedia属性をallにしてブラウザで見えている状態がプリントされる状態とします。

そこから、不要だと思う要素、つまりグルーバルメニューだとか、サイドメニューだとか、バナーであったりとか、そういう要素をdisplay=”none”にしていきます。

#gnavi,
#side,
#banner{
 display="none"
}

こういう感じですね。

こういう風に非表示を決めたら、コンテンツエリアも同様に変更します。
例えば、floatしているならfloat=”none”にしたりします。
注意が必要なのが、横幅です。本来ならautoで問題ないと思うところですが、意外なところでレイアウトが崩れたりします。
ですので、横幅は、適当なものを決めておく必要があります。

最近のブラウザは、拡大して印刷してくれますので、小さくても問題ありません。

ブラウザで、納得のいく印刷の状態になったら、media属性をprintに戻し、印刷プレビューでも同様の結果になるか確認します。
それで問題なければ、print.cssの完成です。

まとめ

印刷のことなんて考える必要はあまりないかもしれませんが、ユーザーのことを考えると、インクの無駄にならないように不要な部分はなるべく削っておいたほうがいいですね。

たかが印刷、されど印刷ですね。

ad

関連記事

[CSS] メディアクエリ(Media Queries)を考える

Media Queriesとは Media Queriesとは、画面環境に応じてCSSの適用範囲を

記事を読む

[jQuery] 360°回転させたり、マウスでシーンを移動するプラグイン

rollerblade-js Rollerbladeを使えば、Webサイトに360°回転させてプロ

記事を読む

[Dreamweaver] 便利な検索&置換

Dreamweaverの検索&置換は、便利な機能が満載! サイトを制作する上で厄介になってくるのが

記事を読む

[CSS] 複数のbackground-imageの設定方法

マルチBackground-imageを使ってみる CSS3では、背景画像を指定する際に複数の画像

記事を読む

[CSS] 角丸は便利だけど理解に苦しむ時もある

一般的な角丸の使い方 よく使う角丸は、divを角丸にしたり、画像を角丸にしたりすることでしょう。

記事を読む

[jQuery] クリック時に波紋のような効果をつける

今回は、クリックした時に波紋のような効果をつけるjQueryプラグインの紹介です。 Ripple

記事を読む

[jQuery] フルサイズ(ブラウザいっぱい)で画像を表示するlightbox風プラグインの紹介 [ギャラリーサイト向け]

jQuery fullsizable plugin ブラウザ画面いっぱいに画像を表示したい時に使え

記事を読む

[jQuery] クリックしたところから波紋が広がるプラグイン!

Rippler 以前にも波紋のプラグインを紹介しましたが、今回も新たなプラグインを紹介しま

記事を読む

[Dreamweaver] テンプレートの入れ子

テンプレートは入れ子に出来る! Dreamweaverのテンプレートは、ベースを作り、さらにそのベ

記事を読む

[CSS] ベンダープレフィックスはどこまで必要か?

各ブラウザが独自に先行実装しているCSS3 CSS3が現在、各ブラウザでも対応状況が進み、だいぶ使

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

[PHP] curl転送してみる(googleに)

curlでgoogle画像検索APIにアクセスしてみます。 cu

[PHP] PDOでMySQLの接続確認をする

PDO PHPでMySQLに接続する際には、mysql_connec

[PHP] ランダムな英数字を生成する

便利系メソッド 今回はPHPでランダムな英数字を作成してみます。

[Swift] プロパティリスト(plist)の値を取得

plistからデータを取得してみます。 こちらのエントリーも参考にし

[Swift] Asset Catalogについて

XCode5から追加されたAsset Catalog。 いままで標準

→もっと見る

  • 1978年の七夕生まれ。 25才でweb業界の門を叩き、28才でフリーランスに。 現在は、フリーランスでマークアップ中心に、wordpressのカスタマイズやデザインをしております。 また、iPhoneアプリの開発もしております。

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/juny/web/hidef/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524
PAGE TOP ↑

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/juny/web/hidef/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524